つなぎ融資が必要なケース | 住宅ローンのつなぎ融資※審査や金利について

 

つなぎ融資が必要なケース

つなぎ融資はどのような状況で必要になるのでしょうか。

注文住宅を建てることにした場合、
建築が始まる前に着手金、建築が始まってから工期の途中で中間金を
施工工務店に支払うケースがあります。
こうした費用は住宅完成前に発生するものなので住宅ローンの融資実行を待てません。

住宅が完成すると物件引渡しということになりますが、
このとき本来なら住宅ローンの融資で物件にかかった費用を支払います。

しかし、物件引渡しが住宅ローンの融資実行日より前になってしまうと
費用の支払いができません。
この場合もつなぎ融資で対応します。

住宅を買い替える際、それまでの住居を売却した代金を資金に新居を購入するとします。
売却代金の回収が予定より遅れてしまった場合、新居の購入資金としてつなぎ融資を利用できます。

 

目的別で探す

銀行ビジネスローン詳細 低金利ビジネスローン詳細 即日ビジネスローン詳細
個人事業ビジネスローン詳細 運転資金ビジネスローン詳細 不動産ビジネスローン詳細
つなぎ融資ビジネスローン詳細 おまとめビジネスローン詳細 無担保ビジネスローン詳細
注目のビジネスローン
ビジネクスト
ビジネスローンを扱う貸金業のなかでも注目度No1!自分に合ったビジネスローンならビジネクスト
カードローン一括一覧比較表
ビジネスローンを選ぶポイント
人気ランキング
楽天銀行スーパーローン
アコム
ビジネクスト
アイフル事業者ローン
SMBCモビット
目的別ランキング
設立年数で探す
有担保・無担保で探す
企業形態で探す
コンテンツ
ビジネスローン一覧
リンク集
基本メニュー